安藤美姫の子供の父親は高橋大輔ではなく真壁喜久夫?写真あり!

推定Dカップとも言われる抜群のスタイルを持ちながら女子史上初の

四回転ジャンプを唯一成功させた実績のある元フィギュアスケート女子の

安藤美姫さん。先日、愛娘のひまわりちゃんが七五三を迎えました。

気になる子供の父親が高橋大輔さんではなく真壁喜久夫氏あるという噂や

気になるカップ数についてなどプロフィール経歴を交えながらまとめていきます。

スポンサーリンク

安藤美姫さんのプロフィール経歴


名前:安藤美姫
生年月日:1987年12月18日
出身地:愛知県名古屋市
身長:162cm
体重:50kg


安藤美姫さんは、愛知県名古屋市に生まれ、小学2年生の時に友達に誘われて

地元のスケート教室に入門します。当時から他のメンバーとは違った類まれなセンスを

みせ始め翌年には2回転アクセル、その翌年には3回転トウループを習得するなど

将来を有望視されたフィギュアスケータとして周囲から注目を集めます。

安藤美姫さんは、スケート教室へ入門時に父親を亡くしており、父親がつけていた

結婚指輪をネックレス代わりにするなどいまでも心の支えとなっているようです。

トリノオリンピックで披露した戦場のメリークリスマスは父にささげた演技であったことも

後に語っています。中学生になるころにはジュニアの国際大会で何度も優勝を飾り、

遊びでやっていたらできてしまったという四回転ジャンプを公式の大会で女子史上初の

成功をみせるなど順調に競技人生を歩んでいきます。しかし、最も周囲から期待されていた

オリンピックのメダル獲得は1度もならず、荒川静香や浅田真央に譲る形となってしまいます。

関連記事はこちら⇒浅田真央の胸のカップが気になる!父母の仕事や職業は韓国系列?

高校卒業後は、トヨタ自動車に所属入社し、同時に中京大学の体育学部に社会人学生として

入学し2011年3月に卒業しています。

その後は、拠点を日本からアメリカへと移しニコライ・モロゾフコーチの指導を受けることになります。

2012-2013シーズンは自身の競技人生の見直すべく、一旦公式試合の出場を控えており、

2013年1月にはしょぞくしていたトヨタ自動車を退社し、同年7月1日には第1子となる女児を

出産していたことも明らかになりましたが父親は本人の口からは明かされず以下の声明文が発表されました。

この度は、私事により、日本スケート連盟を始めとした関係者の皆さまやファンの皆さまに大変な御心配をお掛けしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

愛娘の父につきましては、私の考えで、氏名をお知らせすることは控えさせていただきたいと思います。

これからは、愛娘との時間を大切にしながらスケートに専念し、ソチオリンピックを目指して全力で挑戦していきたいと考えておりますので、どうか私の気持ちを御理解いただき、この報告をもって区切りとして、静かに見守っていただけたらと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


メディアでは突然の極秘出産報告に父親は誰なのかという声が噴出しました。

2014年には今後は指導者を目指すことを理由に引退し、バラエティ番組への出演も顕著に

見られるようになりました。

スポンサーリンク

安藤美姫の子供の父親は高橋大輔ではなく真壁喜久夫?

気になる安藤美姫さんの子供の父親についてですが、有力候補として

高橋大輔さん、モロゾフコーチ、元プロフィギュアスケーターの南里康晴さんが

上げられています。いずれも安藤美姫さんとの熱愛が噂されていた方々であり、

信ぴょう性が高いですが、週刊誌では、電通出身でイベント企業会社社長の

真壁喜久夫氏であるとの見方が強まっているようです。というのも安藤さんは

この企業とのスポンサー契約を結んでいたとされ、真壁さんと娘の写真がそっくりだと

されているからのようです。

まとめ

先日、七五三を迎えた愛娘のひまわりちゃん。

昨日 無事 娘の初めての"七五三"を迎える事ができました。 お着物を着て、お写真を撮って、お参りにも行き この日を迎えられましたのも出産後いろいろ大変な事もありましたが それ以上に沢山の方のご理解とサポートがあったからこそだと思います。 もちろん家族の協力や今では支えてくれるパートナーもいてくれ、本当に感謝しています。 これからも娘と一緒に成長しスケートと子育て、沢山の方との出会いに感謝しながら頑張っていきたいと思いますので これからもよろしくお願いしますm(_ _)m 大好きな大好きなひまわり おめでとう😌❤️💕❤️🇯🇵🇪🇸 #七五三 #日本 #感謝

Miki Andoさん(@miki_m_ando0403)が投稿した写真 –


今後、フィギュアスケートの道へ進むのか注目が集まりそうですが

すくすく、元気に育ってほしいなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ