浅田真央の胸のカップが気になる!父母の仕事や職業は韓国系列?

10月3日にさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートジャパンオープン

浅田真央選手の553日ぶりの復帰戦となった今大会で見事優勝を飾りました。

2014年2月のソチ五輪の自己ベスト、142.71点に迫るハイスコアの

141.70点を叩きだし、完全復帰にむけて順調な滑りとなっています。

スポンサーリンク

浅田真央さんのプロフィール経歴


名前:浅田真央
生年月日:1990年9月25日
出身地:愛知県名古屋市
身長:163cm
体重;147kg
血液型:B型
所属クラブ:中京大学


浅田真央さんは、愛知県名古屋市に生まれます。

真央という名前は父親が宝塚の大地真央さんのファンであったことに由来してるそうです。

3歳のころからバレエを始め、娘をプロのパレエダンサーにするという母の夢でも

ある目標を叶えるため、バレエのためのフィギュアスケートを始めたことがきっかけとなります。

小学6年生では、最難度のトリプルアクセルを成功させ、その驚異的なセンスに

両親は、フィギュアスケートへ転向させることに決めました。

その後も、メキメキとその才能を伸ばしながら、中京大学附属中京高等学校卒業の後に

中京大学体育学部へ進学します。

2010年のバンクーバーオリンピックでは、見事銀メダルを飾り同年の世界選手権では、

金メダルも獲得しています。

選手生活では、順風満帆な生活を送っていた浅田真央さんですが、

2012年に私生活で、突如訃報があります。12月9日に母親が肝硬変のため

亡くなられたとのことでした。享年48歳でした。

浅田さんは12月23日からの全日本フィギュア選手権を控えており

出場は見送られるかと思われましたがファンの声援に応え出場し、優勝を飾っています。

期待されていた2014年のソチオリンピックでは、ショートプログラムで転倒が相次ぎ

まさかの16位という結果に。メダル獲得はならなかったものの、フリーの演技では、

完璧なパフォーマンスを披露し、記録には残らなかったものの記憶には残る名演技で話題となりました。

その後の進退については、明言せず『ハーフハーフ』の言葉を残し、一時休養となりましたが、

2015年5月18日の自身の公式ブログで現役続行の意思を表明しました。

スレンダーな体格から繰り出されるトリプルアクセルは圧巻で、

そのスタイルの良さにも度々注目が集まっていますが、気になる胸のカップは

推定Bカップだと言われています。

スポンサーリンク

浅田真央さんの父母の職業や仕事は?

コーチの指導料を始め、クラブの登録料や衣装代、遠征費など

フィギュアスケートをやるうえでは、1年で大手企業の会社員の

年収分が軽く吹き飛ぶ程のお金がかかります。

そこで、気になる父母の職業を調べてみましたが、

父親の敏治さんは、名古屋市内の通称「女子大小路」と呼ばれる一角で、

若い頃に売れっ子ホストとして知られた存在だったようで、

その後に自分で飲食店などを経営されていたようです。

当時色んな系列のバーや飲食店があったため、韓国籍であるなどの

デマや韓国系列の店を経営しているなどのデマがはびこったようです。

母親に関しても肝硬変でお亡くなりになられいた経緯もあり、

職業は、ホステスだったのではないかとの噂も噴出していました。

まとめ


2015年ジャパンオープンでは、浅田真央さんの代名詞ともいえるトリプルアクセル

をすべて成功させ、復帰戦にふさわしい見事な成績をおさめられました。

今後も観る人を魅了させる演技で真央ちゃんらしいパフォーマンスを

披露していただきたいなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ