吉村がウーマン村本を嫌いで不仲の理由を激白!さんまがけんかを仲裁?

3月18日に放送された『さんまのお笑い向上委員会』の番組で、約1年ぶりに共演した平成ノブシコブシの吉村とウーマンラッシュアワーの村本

実は、このふたりは吉本興業の同期であるにもかかわらず、非常に仲が悪く芸人の間でも不仲は有名でした。

テレビ局関係者の間でも、吉村さんと村本さんは共演NGということになっており、今回さんまさんがふたりの間を取り持つ形で久しぶりの共演が実現しました。

番組内では、他の吉本芸人もふたりの不仲の原因の詳細は知らないということだったので探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

吉村とウーマン村本の不仲の理由は?


ふたりの不仲の原因は『さんまのお笑い向上委員会』で明らかにされており、吉村がウーマン村本を一方的に嫌っていることも明らかになりました。

基本的にナルシストでウザい性格とされる村本は、自分のことを周りによく見せたがります。

それが仇となり、同期でもともとプライベートでも仲の良かった吉村とも次第に険悪な関係になっていきます。

番組内では、沖縄のロケで吉村と村本が一緒にクラブで楽しんでいたところを吉村だけが女の子と遊んでいるように吹聴したり、一時期は同じマンションに住んでいた時も、スタッフに吉村がOKであれば一緒のマンションに住んでいることをネタにしていいですよといった、あくまで自分がNGではないという風な形で周囲に話す姿勢が度々見受けられ、吉村はそれの繰り返しだと村本に非があることを説明していました。

それをきいたさんまさんも、これは村本が悪いということになり、やはり村本は正真正銘のクズだったことが証明されました。

このように、吉村が村本を一方的に嫌っているのは明白ですが、その理由も村本の日ごろの行いが原因となっていたようです。
スポンサーリンク

さんまが喧嘩を仲裁?

番組内では、吉村が村本の顔を叩き、蹴りを入れるシーンもありましたが、以前もこういったことはあったようで、楽屋内でのちょっとした上記のようなやり取りから大喧嘩に発展し、多くの芸人もいるなか吉村が村本の首を掴み、後ろに突き飛ばします。

最終的には、ノンスタイルの井上さんが止めに入り事なきを得ましたが、この事件をきっかけに人気中堅芸人同士であるにも関わらず、約1年も共演NGとなりました。

さんまさんは、そんなふたりに対して、『もう会うな』と言い放ち、半ばあきれ気味え見守る形となりました。

クセのある芸人同士だと最初は通づるものがあっても、最後には反発を生むのかもしれませんね。

どちらにせよ、バラエティとしては見ごたえのある絡みであったのではないでしょうか。

これがヤラセであれば、ディレクターの台本を称えたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ