厚切りジェイソンの会社は日本橋のテラスカイ?ネタは漢字?

ピン芸人として活躍する一方で、会社役員も務めている厚切りジェイソンさん。

気になる会社の住所が日本橋テラスカイという情報や漢字についてのネタなどこれまでの経歴やプロフィールを交えながらまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

厚切りジェイソンさんのプロフィール経歴


名前:厚切りジェイソン
本名:ジェイソン・デイヴィッド・ダニエルソン
生年月日:1986年4月9日
身長:186cm
職業:お笑い芸人、会社役員
所属事務所:ワタナベエンターテインメント


厚切りジェイソンさんは、アメリカ・ミシガン州に生まれ、父親はIT関連のエンジニアで、その影響で幼いころからパソコンの知識に触れる環境で育ちます。

それが功を奏して17歳の時には飛び級によりミシガン州の大学へと入学し、イリノイ大学院を得て卒業します。

19歳になった2005年に仕事の為、日本へ来日しており旭化成でアメリカ英語対応の音声認識ソフトの開発に携わります。

この時に見た、お笑い番組のエンタの神様に感銘を受け、日本語の勉強をかね、いろいろな芸人のネタを研究するようになります。

そうこうするうちにアメリカへの帰国することになったものの、再び日本へ行きお笑い芸人をやってみたいという願望を強く持つようになります。

しかし、お笑い芸にをやりたいという理由ではビザがおりず、四苦八苦していたところ、ジェイソンさんが住んでいたシカゴのIT関連企業が日本へ進出し日本法人を設立するという話を聞きつけ、これに参加し2011年に再度来日を果たします。

それからは日本へ在住し、横浜の厚木市に住んでいます。

芸名の厚切りジェイソンの由来は、厚木市に住んでいることと胸板が厚いことをかけてこの芸名を命名したそうです。

お笑い芸人として活躍するには現場を見に行くのが一番だと思ったジェイソンさんは、ザブングルの営業を早速仕事が休みの日に見に行き、そこで観客の中から一番強そうな人を選びザブングルの加藤さんと腕相撲をさせるという企画を設けられ、見事勝利したジェイソンさんはそれから加藤さんに勧められ、会社を辞めなくても芸人になれるとして、土日のワタナベエンターテインメントの土日だけのお笑い養成所に通うこととなります。

そして、2014年の卒業と同時に同事務所の所属が決定し、晴れてお笑い芸人となります。

以降は漢字をネタにした芸風で人気を集め、タレントのベッキーさんが絶賛したことにより知名度が上がります。

関連記事はこちら⇒ベッキーと上戸彩が不仲で絶縁状態!ケンカの理由は?

また、2015年のR-1ぐらんぷりで決勝進出も果たし、日本人以外で決勝進出は初めてという記録も打ち立てます。

スポンサーリンク

厚切りジェイソンの会社は日本橋のテラスカイ?

気になる、会社役員を務める厚切りジェイソンさんの会社ですが、テラスカイという東京の日本橋に本社をかまえるITベンチャー企業であり、東証マザーズにも上場している会社です。

グローバルアライアンス部長という役職ももち、自社の株も多数保有する大株主でもあるジェイソンさんは、芸人の仕事のために半休をとったり、取締役会を途中で退席したりとどっちが本業かわからない生活を今でも送っているようです。

まとめ

プライベートでは、2007年に日本人女性と結婚し、ふたりの娘さんがいるというジェイソンさん。

好きな芸人をやりながら仕事も充実していて、すごいバイタリティの持ち主だなと思います。

これからもWhy Japanese people!?を日本中に発信していってほしいなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ