2016年2月3月と今日の花粉情報!花粉症の対策と症状は?

花粉症の季節がやってきましたね。2016年の花粉情報は例年よりも花粉の飛散時期が早まるとみられており、2月から飛散し始め3月にはピークを迎えるようです。

気になる花粉症対策症状についてやヨーグルトは効果があるのかについての疑問など調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

2016年2月3月と今日の花粉情報!

2016年の花粉の飛散は既に始まっており、西日本各地で徐々に被害者が出ているようです。

雨が降った翌日の晴れた日には鼻がムズムズしている方も多いのではないでしょうか。

都内や関東圏の東日本では、2月の初旬から飛散が開始すると予想されており、花粉の量も例年より多い見込みです。

都内ではインフルエンザも流行しているようですので花粉症とのダブルパンチは避けるようしっかり対策をしていきましょう。
スポンサーリンク

花粉症の対策と症状は?

花粉症は空中に飛散している植物の花粉が目や鼻から体内に取り込まれることにより発症し、アレルギー反応を示す植物は60種類以上が報告されています。

特にスギやヒノキ植物の花粉が花粉症患者の7割から8割を占めているとされており、体内の免疫が花粉にアレルギー反応することにより鼻水や目のかゆみを引き起こします。

花粉自体には害はないのですが、異物と勘違いしてしまい体外に出そうという動きがこれらの症状を引き起こしている原因です。

対策はマスクをして眼鏡で防護し、できるだけ花粉に触れないようにすることが大事ですね。

また、花粉症のお薬は眠くなるので飲みたくないという方は、体質改善という意味合いでレンコンやわさび、バナナやしそ、玉ねぎ、ふき、ヨーグルトなどが効果があるようです。

レンコンに含まれるポリフェノールがアレルギー症状を緩和する働きを持っており、わさびに関しては花粉のあれる物質をたんぱく源に変えてしまうという優れものです。

バナナはスギ花粉におけるIgEとよばれる抗体を持つ陽性者のアレルギー反応を抑制します。

しそは、フラボノイドの一種であるルテオリンという成分が花粉症の原因物質を抑えます。

玉ねぎやフキもポリフェノールが含まれており、ヨーグルトは花粉症の原因となっているIgE抗体の活動を抑制させる働きを持っています。

また、免疫力を高める効果がありアレルギー反応が抑制されます。

おすすめの花粉症対策グッズ

花粉が飛散する時期はマスクやメガネで物理的に防護してしまう方法と体質改善により症状を緩和する方法がありますが、やはり一番手っ取り早いのは物理的に抑制させる方法です。

いま、TVや雑誌で紹介され注目されている【antibo 花粉抗体スプレー】が注目されており、スプレーをマスクや衣服、持ち物などに吹きかけるだけで花粉の活性化を無効にしてしまう効果があります。

去年は1時間で2000本を売上げ、大反響となっており売切れる事態となった花粉抗体スプレーの効果はすさまじく多くの方が取り入れ始めている対策グッズのようですね。

また、無味無臭でお子さんやペットにも使用でき、日本製であることも安心ですね。

毎年花粉に悩まされている方は一度使ってみてはいかがでしょうか。



まとめ

今年2016年の花粉飛散量は去年の2倍から3倍と言われており、しっかりと対策をしていかないと大変な思いをすることになると思います。

自分にあった方法で花粉を乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ