日銀のマイナス金利の住宅ローン影響は?メリットとデメリット!

1月29日の日銀金融政策決定会合において、マイナス金利の導入を決定した黒田総裁率いる日銀

気になるマイナス金利における住宅ローンへの影響や他のメリットデメリットなどを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

マイナス金利の住宅ローンの影響

そもそも、マイナス金利とはどういうことなのかというところからお話していきたいと思います。

銀行などの金融機関は、民間企業や個人への融資量に応じて日銀の当座預金口座に預けるという義務があります。

そして、通常であれば銀行はお金を貸すと利子がつき増えていくものですが、この利子を現行の0.1%からマイナス1%に引き下げるというものです。

これによって銀行などの金融機関は日銀にお金を預けようとする動きが抑えられ、民間企業や個人に積極的に融資していこうという働きが大きくなります。

その結果、日銀の口座に滞留していたお金が消費者や企業に回り、経済が活性化されるという仕組みです。

いま、日本は物価の値段が下がり続けているデフレ状態の為、これを脱却する必要があるのです。

デフレというのは、物価の値段が下がった状態が続くことにより、経費や利益が少なくなってしまい供給が需要を上回ってしまっている状態です。

そうするとデフレスパイラルが起きてしまい、経済状況が悪くなっていきます。


それを打破すべく、今回のマイナス金利政策が打ち出されたわけです。

スイスやデンマーク、スウェーデンなどのEU諸国ではすでに導入されている政策であり、徐々に効果が出始めている国もあるようです。

気になる住宅ローンへの影響ですが、当然銀行側は金利を下げて積極的に融資しようとする動きが高まってくるでしょうから、住宅ローンの金利は下がる可能性が高くなるでしょう。

スポンサーリンク

マイナス金利のメリットとデメリット!

住宅ローンの金利が安くなることはデメリットとして挙げられると思いますが、他にも円安の動きが高まり海外への輸出で市場が活性化し始めることも考えられます。

デメリットとしては、銀行への預金に対する金利も下がってしまうことです。

ただでさえ銀行の預金金利はスズメの涙ほどの金利しかないため、海外向けの投資にも目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

来月の2月16日から早速始まるマイナス金利政策ですが、自動車ローンや教育ローンなどの金利も下がるとみられており、個人消費の回復を後押しする可能性もあるとのことでこの機会に経済が良い方向に上向くことを願うばかりですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ