恵方巻きと節分の由来は?2016年の方角と食べ方レシピ!

2月3日は節分です。この節分の日に豆をまき、恵方巻きを食べるのは日本人の習慣となっていますが、気になる恵方巻き節分由来2016年の方角食べ方レシピなどをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

恵方巻きと節分の由来は?

2月3日の節分の日に1年の災いなどを払う厄落としの行事として豆まきが行われていますが、太巻きを恵方巻きや幸運巻き寿司と称して恵方の方角に向かって食べる習慣もあります。

恵方巻きを食べる習慣は大阪で江戸時代の終わり頃に発祥したとされ、商売人が1年の繁盛を願って、歳徳神という陰陽道でその年の福徳をつかさどる神様がいる方向に向かって食べるというものです。

恵方巻きは、大阪では巻き寿司や丸かぶり寿司と呼ばれており恵方の方角に向かって食べていたことから、いつしか全国的にも恵方巻きと呼ばれるようになったようですね。
スポンサーリンク

2016年の方角と食べ方レシピ!

気になる、2016年の恵方の方角ですがズバリ『南南東』となっています。

これさえ間違わなければ、あとは太巻きであれば恵方巻きになるのです。

大阪では、ロールケーキなど恵方巻きと称する円柱型の太巻きであれば便乗して販売促進活動が見られる動きがあるようです。

お子さんに人気のアンパンマン恵方巻きなるものもありました。


クックパッドなどをのぞいてみると、コチュジャン風恵方巻きやビビンバ風恵方巻き、すき焼き風恵方巻きなど様々な具材でアレンジされた恵方巻きがありました。

日本人はイベント事が好きなので乗っかってみると案外楽しめるかもしれません。

作るのがめんどくさいという人はdデリバリー等で頼んでみるのもいいかもしれませんね。

食べ方は様々で、目をつむって食べるという地方や笑いながら食べるという地方、食べきるまでは無言で食べるという地方もあるようです。

主に7種類の具合をつかうのが一般的のようで、無病息災を願って七福神とかけているという説が濃厚で、福を巻き込むという意味合いもあります。

代表例としてかんぴょう、キュウリ(レタス・かいわれ)、シイタケ煮、だし巻・厚焼き卵、ウナギ・アナゴ、桜でんぶ・おぼろなどが用いられられているようです。

以上を参考に今年の節分はぜひ恵方巻きを食べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ