軽減税率はいつから?簡単にわかりやすく対象品目とメリットを解説!

軽減税率いつからと話題になっていますが、簡単にわかりやすく解説できればと思います。

最新の対象品目やメリットやデメリットについてなど交えながらまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

軽減税率はいつから

さて、消費税が2017年の4月1日から現行の8%から10%に引き上げられ、それと同時に軽減税率も開始になります。

軽減税率とは、消費税が引き上げられることに伴い低所得者層の負担を軽減するために消費にかかる決められた対象品目の課税を軽減するものであり、対象品目は外食と酒類を除いた生鮮食品と加工食品となりました。

対象品目に指定されたものは消費税が10%ではなく現行のままの8%で課税され負担を軽減させるというものです。

しかし、これには様々な意見が分かれており、そもそも低所得者より消費が多い高所得者はこの軽減税率の恩恵を低所得者層より多大に受けることになり、低所得者層も恩恵を受けられますが、結果的には高所得者ほど恩恵を受けかねない制度となってしまう可能性が高い政策になりかねない懸念があるほか、これによって税の収入が減ってしまうため国の税収を別の税で賄分ければならないというデメリットがあります。

また、税額控除や事務負担等の工数や手間が掛かってしまうため、このコストにかける人員等を考えるとデメリットが大きくなってしまうことにもなりかねないようです。

ですが低所得者にとってはこれ以上税が負担となってしまっては、国として本末転倒となってしまいますからできるだけ負担を軽くしようとする動きは大事です。

スポンサーリンク

軽減税率を簡単にわかりやすく!

難しく考えがちな軽減税率ですが、要は対象品目を国が決めて、それについては税が8%のままということです。

これによって増税による国民の負担を軽減するという政策です。

国の財務省は、軽減税率による税収減を懸念しており、経済界では事務処理の負担増が懸念されています。

各国では、ポピュラーな政策としておこなわれている軽減税率の対策ですが日本で導入するのは初めてのため、対象品目の線引きが慎重に行われているようです。

外食については、店内やショッピングセンターなどのフードコートで食べる場合は10%の軽減税率が掛かりますが、テイクアウトして持ち帰る場合は8%になるという微妙な線引きがなされました。

これも海外では当たり前のように適用されているルールのようです。

ほかにも外食にあたらないのは、コンビニなどのお弁当や惣菜、ピザの宅配、そば屋さんの出前などの基本店内で召し上がらない場合は外食として扱われないようです。

まとめ

増税は国民にとっては気が重いですが、これからの高齢化社会にむけて社会福祉の充実が不可避です。

手遅れになる前に国がしっかりと未来を見据えて政策を打ち出して国民一丸となって幸せな日本になるように頑張っていければと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ