2016年の成人式を花魁の服装でお祝い!北九州のトラブルは?

1月11日は成人の日です。各地の会場でお祝いの成人式が行われているようですが、毎年話題になるのが北九州の成人式ですね。

やはり、九州男児が集う北九州だけあってトラブルも絶えなかったようですね。

毎年のように喧嘩や言い争いなどが起こるのは名物と言っても過言ではありません。

服装については女子の方が負けてはいません。派手な着物姿や花魁の格好をした集団まで現れました。

やはり、一生に一度の成人式ということで気合が入っていたのでしょう。

スポンサーリンク

成人式を花魁の服装でお祝い!

最近の成人式では、着物ではなく花魁の服装が流行しているようで、今年も各地で花魁姿の新成人が多数みられました。

花魁の語源は、江戸時代の高級遊女のことをおいらのところの姉さんと呼んだことからの由来とされている等諸説ありますが、最高位の遊女は太夫とよばれていました。

しかし、江戸時代後期になると呼び名が変わり、ひろく『おいらん』と称されるようになったといわれています。

服装については、確かにきっちりした着物姿より少し派手で大人びた色っぽいラフな感じが最近の新成人の心を掴んでいるようです。



北九州でも多数の花魁の新成人がみられたようですね。

スポンサーリンク

北九州市の成人式トラブルは?

毎年恒例の北九州市の成人式トラブルですが、マスコミもネタを探すべく決まって北九州市に足を運ぶほど何かが起こるようです。

今回も喧嘩や小競り合いが起こり、警察が仲介に入る事態となりました。

他に真面目に式に参加している全うな新成人もいるので、いくら一生に一度と言えども迷惑を掛ける大人にはなってほしくないと思いますね。


成人式の思い出は良くも悪くも一生ものになるので、大人の仲間入りとしてトラブルは起こさないようにしたいですね。

成人とは?成人式の意味

日本では、民放第4条の年齢は二十歳を持って、成年とするという旨の法律があります。

成人になると、お酒やたばこが解禁になるほか、競馬や競輪などの公営競技の券が購入できるようになります。

社会的には、現在は18歳に引き下げられていますが選挙権も与えられ裁判員裁判の裁判員にも任命されることがあります。

また、ローン契約や賃貸契約も親の同意なしで申し込むことができます。

社会では、未成年から大人として扱われるため誘惑や責任も大きくなるため、早く自己を形成し大人としての自覚を持つことが大切です。

そのための成人式であり、大人の仲間入りを果たすけじめの式でもあります。

成人を迎えると楽しいことも増えますが、その分責任が大きくなります。

そのことを十分に考えたうえでこれからの新成人以降の楽しい人生を歩んでいってほしいなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ