東京の都内で地鳴りの原因は?地震の前兆は2016年の1月5日から

地鳴りとは?
地震などで地盤が振動して鳴り響くこと。また、その音。


2016年の1月5日から関東の東京の都内や神奈川県で地鳴りが発生しているようです。

地震の前兆ともいえる地鳴りの原因について探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

地鳴りの原因は?

まず、地鳴りの原因についてですが、1月6日に北朝鮮が水爆の実験を行ったとの情報が報道でありました。

水爆の実験については、地下で行われるため一部のツイッター情報では、これが原因と騒がれていましたが、地鳴りが発生していたのは1月5日からなので日付が当てはまっておらずとってつけた理由である可能性が高いです。

一番考えられる原因としては、地層の岩盤のずれいわゆるプレートの沈みの反動によって地震は起こりますが、今回の地鳴りはそれが原因の可能性が高いようです。

現に東北の大震災の時には、数日前から東北地方でのゴゴゴゴゴという音の地鳴りのような地響きが断続的に続いていたことが判明しており、都内住民からは不安の声が広がっているようです。

そして、今回は地鳴りの前後付近の日付で小さな地震が頻発しているようです。


主に東京湾付近が震源地となっていました。

ツイッター情報から、地鳴りがきこえてきたとの声が多いのは、目黒区、渋谷区、世田谷区などの地域だそうです。

関連記事はこちら⇒東京都内の地響きの原因は水爆?関東地震の前兆は1月5日から

スポンサーリンク

地震の前兆は2016年の1月5日から

巨大地震の前兆ともいえる今回の地鳴りですが、2016年の1月5日頃から発生しており、お腹に響くような音がするそうです。

例えるなら自衛隊の戦闘機が飛んでいるときのような身体に響くような低重音でしょうか。

もし地震がきたときのために最低限の備えはしておきましょう。

水、電池、非常食は必須ですが、家族や身内や職場との連携や万が一の場合の集合場所も決めておくとよいですね。

2016年以降に発生するといわれている地震は、南海トラフ地震、関東直下型地震、北海道自地震です。

今回の地鳴りに当てはまるのは、関東直下型地震でしょうか。地鳴りは直下型地震で起こりやすいとされているため、注意が必要かもしれません。

南海トラフについては、南九州地方や近畿や中部地方で少しずつ対策が進んでいますが、いま関東直下型地震がおきたら日本はどうなってしまうのか想像の域を超えませんが、日本の都が大阪に移るのは間違いなさそうですね。

それこそ橋本知事の大阪都構想が実現してしまうのではないでしょうか。

地鳴りの地震による二次災害に注意!

東京や関東を中心に地鳴りが頻発しているということは、近いうちに大きな地震がある前兆でもあります。

そして、地震が起きた後にもっとも多い被害とされるのが、通電火災による二次災害です。

通電火災とは、地震により屋内外の断線箇所の漏電や使用中であった電気製品等により発熱、加熱して火災を発生させる火災のことで、阪神大震災の首都圏火災の際には全体の約6割も発生しており、復旧に時間を要したのはこれが原因であったとも言われています。

しかし、この火災を防ぐのは案外難しくなく電器ブレーカーのレバーを指1本で落としてあげるだけで防げるのです。

しかし大地震の際は、そこまで気が回らず一目散に安全な場所へ避難するのがやっとな状況であるため通電火災が起こってしまうわけです。

最近では、この通電火災を防ぐことができる防災グッズも販売されており、地震が起きるとブレーカーが自動で落ちる【スイッチ断ボール】が注目されています。



このスイッチ断ボールは、地震が起きた際に自動でブレーカを落としくれる仕組みのスイッチの役目を果たす機能があり、ほぼすべての家庭用ブレーカーに対応済みで特許取得の防災アイテムとなっており震度調整もできます。

集合住宅などに住まわれている方や被害を最小限に留めたいと考えている方は、ご近所や知り合い等におすすめしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

新年早々、あわただしい世の中になっていますが、はやくこの地鳴りがおさまって平和な都内に戻ってほしいなと思います。

備えあれば憂いなしということで、少しずつ防災についても勉強していきたいと思います。

スポンサーリンク

2 Responses to “東京の都内で地鳴りの原因は?地震の前兆は2016年の1月5日から”

  1. さくにゃぁ より:

    怖い😱

    • しくにゃぁ より より:

      もう来るよ地震。
      熊本ももう一回大きいのが来るかも!
      東海地震も近い内だろうね……
      もぅほんとに嫌だ。

コメントを残す

このページの先頭へ