玉森裕太の走り方が変でヤバい!ハードル倒すダサい姿がかっこ悪い?

人気ジャニーズグループ『Kis-My-Ft2』通称キスマイの最年少として活躍中の玉森裕太さん。

3人のフロントメンバーのうちの1人として、グループを牽引しています。

俳優業にも積極的に取り組む傍らでメンバー内からはおっとり系のキャラとして可愛がられています。

みるからに草食系男子であることが伺える玉森裕太さん。

ファンの間でも常に自然体な玉森さんの姿に癒されている方も多いと思います。

しかし、この度出演した『櫻井・有吉THE夜会』の番組で玉森裕太さんが意外な一面を披露しています。

それはなんと、走り方がかなり変だということです。

番組内では、女の子走りで走る色んな意味でヤバい玉森さんの姿が放送され、ハードル障害を見事に倒しまくる超運動音痴丸出しのダサい姿でした。

ジャニーズとしては意外なかっこ悪い姿でも玉森さんであれば納得との声も上がっており、その運動音痴な走り方を含めて玉森さんの魅力なんだなと思いました。

スポンサーリンク

玉森裕太の走り方はなぜ変でダサいのか?

玉森裕太さんの走り方はなぜ変でダサく見えるのか、その理由を考えていきましょう。


実際に玉森さんが走る動画を観てもらえれば分るかと思いますが、まず最大の特徴は腕の振り方です。

普通走るときは腕の関節を曲げて走りますが、玉森さんの場合は曲げずに真っ直ぐのまま走っています。

これでは、ある程度腕が振れていても逆にロボットのように不自然な動きになってしまうのです。

次に姿勢ですね。玉森さんは前傾姿勢ではなく明らかに垂直もしくは後ろに仰け反るような態勢で走っています。

これでは、スピードがでるわけがなくむしろ顎があがってしまいなおさらかっこ悪いです。

あと、しいて言うならば膝が高く上がっていないのも走り方が変に見えてしまう原因です。

いわゆる女の子走りの典型的な特徴はここにあり、大半の方が膝を低くしたまま走っていると思います。

これらを改善することで、走る速さも速くなるのは間違いないですし、ジャニーズっぽいカッコいい走りになると思います。

しかし、一方では玉森さんらしいと今の走り方を擁護する声も多いようですね。


玉森さんは、ドラマの現場等でももう少しカッコよく走ってくださいと演出家の方からお願いされることもあるそうで、本人としてはかっこよく走りたいという気持ちはあるようです。

改善する意思があるのであれば、これからもっと俳優界でもっと活躍していくでしょうからファンとしては、走り方がかっこよくなるように応援してあげた方がいいのかなと。

スポンサーリンク

玉森裕太は運動音痴?

キスマイと言えば、デビュー前から話題となっていたローラースケートでのパフォーマンスが有名ですよね。

デビュー曲でもローラースケートを用いたパフォーマンスで注目を集めました。

そんな中でも、予想通り運動音痴っぷりを発揮していた玉森裕太さん。

実は、走り以外でも運動全般が苦手で運動音痴だということが分かりました。

以前、ある番組内で元光GENJIの佐藤アツヒロとローラースケートでコラボレーションした際には、モタモタとした滑り方で視聴者の不安をあおり、スピンの際には膝から崩れ落ち失敗するという大失態を犯してしまいました。

これには大先輩の佐藤さんも苦笑いで、よもやジャニーズの後輩がここまで運動音痴だということは予想だにしていなかったのはないでしょうか。

MCを務めていた中居正広さんも、もうちょっと勉強したほうがいいよとアドバイスを送っていました。

プロフィールには、好きな科目は体育、部活はサッカー部と見るからにスポーツ万能な記載でしたが、好きと上手いは別ということですね。

いつか、玉森裕太君のスポーツテストをキスマイの冠番組内でやってほしいですね。

スポンサーリンク

One Response to “玉森裕太の走り方が変でヤバい!ハードル倒すダサい姿がかっこ悪い?”

  1. 産ちゃん より:

    玉森裕太君は走り方はおかしくない❗私も似たり寄ったりした走り方だから大丈夫だと思う❕

コメントを残す

このページの先頭へ