高橋みなみ母の相手は少年だった?少年の本名や名前が気になる!

総監督してAKB48グループを牽引してきた高橋みなみさんが12月発売の42nd

シングルでセンターを務めることが、10月25日に行われたAKB48の全国握手会で

発表されました。約10年に渡る彼女の活動は楽しいばかりのものではなく時には

つらいこと悲しい出来事もありました。一番のそれにあたる出来事は母の不純行為

がスクープされてしまったことではないかと思います。いつもチームの矢面に立ち

自己犠牲のうえに成り立たせてきたAKB48の良心といわれている彼女の生き様を

まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

高橋みなみさんのプロフィール経歴


名前:高橋みなみ
生年月日:1991年4月8日
出身地:東京都
身長:148cm
好きな食べ物:カツ丼
職業:アイドル、歌手
所属チーム:チームA
肩書き:総監督
所属事務所:プロダクション尾木


高橋みなみさんは、東京都に生まれ、小学生までは自分のことを俺とよぶなど

男っぽい性格でしたが、地元の中学へと進み思春期を迎えるにあたり、女の子らしい一面を

顔を覗かせ始めます。しかし、小学生時代は男っぽい性格として扱われていたとこともあり、

アイドルや歌手に興味を持ち始めたことは公にせず、中学2年生の時に友人には、内緒で

ホリプロのタレントオーディションに応募します。応募総数は5万人を超える中で決勝の15名に

残るという快挙を成し遂げるもこのオーディションの審査委員長だった秋元康さんに落選させられてしまいます。

芸能界への道をあきらめられなかった高橋さんは、AKB48のオープニングオーディションに応募し

他にも多数のオーディションに応募するも不合格の連続であったためこれが最後ならあきらめようという

気持ちで応募したそうです。その熱意が通じたのか2005年の10月30日に見事最終合格者の24名に選出されます。

しかし、のちに当時の支配人戸賀崎氏より合格の理由をきいてみたところ、身長と誕生日が48だったからという

旨の話をきき、軽くショックを受けたことを明かしています。

迫る公開の12月7日に向け厳しいレッスンが始まるもダンスは全くの初心者であった高橋さん。

当時は一番振り覚えが悪く、よく先生から居残りをさせられていたのは有名な話です。

しかし、努力の人とも称される高橋さん。総選挙スピーチでは『努力は必ず報われる』との明言を

残し、有言実行の姿から次第にメンバーからも認められるようになり、自然な流れでチームのキャプテンへと

任命されます。しかし、思春期の女の子ばかりのグループで人間関係をはじめとした様々な問題が

起きないわけがありません。そんなときも常にグループのことを考え、自分の意見を捨て、

グループのためにといつも行動してきた高橋さん。彼女以外にAKBグループの総監督は伝わらないんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

高橋みなみの母の相手少年の名前が気になる

高橋みなみさんには、5歳年下の弟がいますが、両親は既に離婚しているとされ

3人家族で暮らしてきましたが、2012年の2月に母親が弟の友人の少年と不純な関係を

持ってしまったことが原因で書類送検されるというスクープが報道されました。

成人しているとはいえ、若干20歳を迎えたばかりの高橋さんにはネット上にひろがる

ありも知れない憶測に負い目やつらい思いをしていたことでしょう。

しかし、そんなときにだからこそ高橋みなみさんのこれまでに積み上げてきた信頼と

グループのために尽くし抜いてきた姿勢をみてきたファンたちは少しも揺らぐことなく

高橋さんを支え続けました。高橋さんがAKB48の良心といわれるのであればそのファンも

当然高橋さんと同じ気持ちです。また、メンバーも高橋さんを支え続けこの一連の騒動を乗り越えました。

高橋みなみさんの芸能人交遊録

高橋みなみさんは、その真面目な性格からAKBグループ以外の芸能人とは

どこか他人行儀になってしまいなかなか仲を深めることができず悩んでいた時期もあったといいます。

しかし、2011年から出演している『新堂本兄弟』で共演している西川貴教さんとは、

お互い人見知りな性格と身長の低さに近いもの感じて徐々に打ち解けていきます。


そして、ついにはお互いが結婚できずに売れ残ってしまったらふたりで結婚しようという

嘘とも冗談ともとれない密約を交わしていたことも明かしています。

高橋みなみさんの私服がダサい?

高橋みなみさんは、ファンの間でも私服がダサいことが有名となっており、

ブランド物のスウェット一枚で街を闊歩する様子をブログやツイッターにあっぷしたり、


バスケットボール選手が着るようなダボダボなユニフォームを着て平然と街に

出歩く姿などが話題となっています。同期の前田敦子さんとは親友以上の関係ですが

一緒に街を歩きたくないなどとディスられてしまったこともあります。

まとめ

もうあとわずかとなってしまった高橋みなみさんの卒業日の12月7日のことを考えると

寂しい気持ちでいっぱいになりますが、卒業は誰もが通る道でもあります。

そして、高橋さんがAKB48の活動を通して教えてくれた未来は今だということ。

そして、今を頑張らないとその先に待っている幸せな未来はないということを忘れないでおこうと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ