海老蔵の娘の幼稚園はどこ?ブログで明徳幼稚園だと発覚!

海老蔵さんの娘である長女の麗禾ちゃん。女の子ということで溺愛されて

いるようですが今年4歳となる麗禾ちゃんの気になる幼稚園についてや

海老蔵さんの公私にわたっての噂などを検証していきたいと思います。

また、6月8日には海老蔵さんの奥さんにあたる小林麻央さんが乳がんであることが発覚し、6月9日に会見が行われました。

関連記事はこちら⇒小林麻央の進行がん部位の病状や余命は?手術先の病院はどこ?

スポンサーリンク

市川海老蔵さんのプロフィール経歴


芸名:十一代目 市川海老蔵
本名:堀越 孝俊
屋号:成田屋
生年月日:1977年12月6日
出身地:東京都
身長:176cm
体重:80kg
血液型:AB型
特技:バスケットボール
趣味:相撲鑑賞


海老蔵さんは、2010年にフリーアナウンサーの小林麻央さんと結婚し、

二人のお子さんに恵まれていますが、実は真央さんとの他にも海老蔵さんにはお子さんがいらっしゃいます。

発覚したのは、2003年2月のことで元歌手の日置明子さんとの間にできた子供だということです。

日置さんは、1974年2月5日生まれで高校生の頃から海老蔵さんとは先輩後輩の中で付き合いがあったようです。

隠し子騒動の会見では、淡々とした口調で結婚はしていないが子供は認知していたことが

本人の口から明かされています。月100万円ほどの養育費の支払いで話がまとまったようです。

海老蔵さんは麻央さんと結婚する前までは歌舞伎界きってのプレイボーイで遊び人だったという

話は有名で芸能界でも女優の米倉涼子さんやタレントの佐藤江梨子さんとの浮いた話などが

多数流れていました。2010年の11月にはついに西麻布飲食店のお酒の席でトラブルを起こし、

頭部と顔面を負傷、その後病院で手当てを受けるなどし、傷害事件の被害者として扱われました。

また、このことが原因で予定公演の記者会見を行うはずだったが、体調不良を理由にキャンセルされました。

それだけならまだよかったものの、その夜飲みに出かけていたことが発覚し、その後の公演を

自粛する事態とまで発展してしまいました。約半年間の謹慎生活の中で己の歌舞伎人生を振り返りながら

これからのことを考えるうちに真摯に取り組もうと反省する思いが目覚めたとされ、

復帰公演ではお客さんの温かい出迎えに感謝の気持ちが改めて芽生えたようです。

スポンサーリンク

海老蔵さんの娘の幼稚園はどこ?

自身のブログは1日10回以上更新することもあるという海老蔵さん。

そのブログの中で愛娘の麗禾ちゃんの入園式にいくという記事が2015年の4月10日に

アップされました。気になる幼稚園はどこがか世間で話題になっていますが、

梨園関係者は青山学院系列の幼稚園に通うとされるのが一般的なようで麗禾ちゃんも

例外なくそこに入るのかと思いきや明徳幼稚園に入園されたという情報もありました。

海老蔵さんの娘の七五三の着物姿が可愛すぎる

海老蔵さんの娘麗禾ちゃんの七五三のときの着物姿が可愛いと話題になっているようです。

麻央さんにだということで美人なのも納得いく気がしますね。


まとめ

11月1日は長男の勸玄(かんげん)君の初お目見えも行われ、賑わいをみせる歌舞伎界。

新しい世代を担う子供が誕生する話題はおめでたい気持ちになります。

これからの海老蔵さんそしておふたりの子供のご活躍を期待したいと思います。

関連記事はこちら⇒海老蔵の息子が初お目見え!名前の由来が気になる!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ