相武紗季のカップ数や髪型の最新は?姉は宝塚の音花ゆりだった!

現在放送中の秋の人気ドラマ『エンジェル・ハート』に出演中の相武紗季さん。

気になる相武さんのカップ数や髪型の最新情報、姉は宝塚歌劇団の音花ゆりさん

だったとの話題などプロフィール経歴を交えながらまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

相武紗季さんのプロフィール経歴


名前:相武紗季
生年月日:1985年6月20日
出身地:兵庫県宝塚市
身長:165cm
血液型:O型
職業:女優
所属事務所:ボックスコーポレーション


相武紗季さんは、兵庫県宝塚市に生まれ、母は宝塚歌劇団の第62期生にあたる卒業生朱穂芽美であり、

幼いころから地元宝塚で劇団に慣れ親しみました。また、姉の由莉さんも87期生の宝塚歌劇団として活躍し、

現在は卒業されています。相武紗季さんは、地元の中高一貫の学校へと通い水泳部の部長を務めるなど

爽やかなスポーツ少女として学生生活を過ごします。高校2年生の時には、甲子園の高校球児に憧れ

朝日放送主催の『夏の高校野球PR女子高生』に応募、それを現在の事務所のマネージャーがみて

興味を持ちスカウトされる運びとなります。翌年にはフジテレビ系ドラマ『WATER BOYS』に出演し、

一躍人気若手女優の階段を駆け上がっていきます。同年『ミスタードーナッツ』のCMオファーもあり

活動の幅を広げていきます。2013年には、語学習得のため短期でアメリカへ短期留学するなど

積極的に自身の可能性を探求していきました。

プライベートでは、2008年にジャニーズの人気グループTOKIOの長瀬智也さんとの

熱愛が報じられ、結婚秒読みかとされていましたが約5年の交際を2013年に解消したことが報じられました。

その後の語学留学ということになったので、傷心を癒すための渡米だったのではないかと一部では囁かれています。

また、相武紗季さんと度々速水もこみちさんとの熱愛の噂が流れているようですが、こちらはふたりの共演率が

高いことから話題に上がっているだけとされており、デマの可能性が高いということです。

長瀬さんとの破局が報じられてから2年が経過した2015年にようやく相武さんの交際の報道が流れます。

お相手の男性は、化粧品会社の社長さん35歳で俳優の金子ノブアキさんの紹介で知り合ったそうです。

男性が住んでいる六本木の高級マンションへ相武さんが度々足を運ぶ姿が目撃されており、

相武さんは、イベントや番組での発言で結婚願望が強いことを明かしており、今回のお相手の男性を

将来の相手として考えているのかもしれません。

スポンサーリンク

相武紗季のカップ数や髪型の最新は?

相武紗季さんは身長165cmでモデル並みのスタイルの良さとして知られていますが、

カップ数も推定Dカップとされ、抜群のスタイルを男性に限らず女性もうらやむほどの

ナイスバディとされています。気になる最新の髪型については、現在公開中のドラマ『エンジェル・ハート』

の槇村香(まきむら かおり)に合わせてミディアムなスタイルでまとめています。

相武紗季さんは、髪型をよく変えることでも話題になり、ロングスタイルを始め、ショートカットやボブなど

多彩なヘアスタイルアレンジを施されています。どれもお似合いで可愛いのですが、個人的にはボブが一番好きです。

姉は宝塚の音花ゆりだった!

相武紗季さんのお姉さんにあたる由莉さんは、宝塚歌劇団の87期生であり

星組の娘役音花ゆりとして活躍されていました。宝塚で娘役を演じるということは

最も女性らしいということでもあり、タカラジェンヌの憧れの的でもあります。

約15年間活躍されてきましたが、2015年5月10日の千秋楽を有終の美を飾り惜しまれながら

卒業されました。相武紗季さんも観覧に駆けつけており、姉妹の中が良いことはツイッターや

インスタグラムでも度々紹介されるなかで周知の事実となっています。

宝塚大劇場での千秋楽バージョン✨ ふふふ。

Aibu Sakiさん(@aibu_saki)が投稿した写真 –



また、相武さん一家は仲が良いことでも知られ、姉の由莉さんと企画した家族旅行では仲睦まじい姿が

インスタグラムにあっぷされました。

早めの夏休み😆姉と企画して両親に家族旅行をプレゼント!自然を満喫〜🌈

Aibu Sakiさん(@aibu_saki)が投稿した写真 –


沖縄旅行では、ダイビングに挑戦したことも紹介されおり、海から上がった後の

相武紗季さんのすっぴんが可愛すぎると話題になりました。


まとめ

宝塚女優を姉にもち、美人姉妹として活躍してきたおふたり。

姉の由莉さんも、想像を絶するほどの努力を重ねながら宝塚女優としての責務を

果たされていたのだと思います。今後は、ひとりの女性としてもたくさんの幸せを

掴んでほしいなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ