阿部寛の子供の名前が気になる!嫁との馴れ初め話が話題!

10月クールの新ドラマ『下町ロケット』で主演を務められる俳優の阿部寛さん。

気になる子供の名前や嫁との馴れ初め話などを経歴を交えながら

まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

阿部寛のプロフィール経歴

名前:阿部寛
生年月日:1964年6月22日
出身地:神奈川県横浜市神奈川区
身長:189cm
体重:75kg
血液型:A型
職業:俳優、モデル
趣味:テニス
事務所:茂田オフィス


阿部寛さんは、神奈川県横浜市に3人兄弟の末っ子として生まれ、

学生生活は地元の横浜の高校に進学し、青春時代を過ごします。

大学は中央大学理工学部電気工学科へ一浪の末入学し、無事卒業されています。

大学在学中に姉から、集英社のボーイフレンド大賞への応募を勧められます。

当初は乗り気でなかったものの、優勝賞品が車であったことから阿部さんは

車欲しさに応募します。そして189cmという抜群のモデル体型を活かし見事優勝。

その後も、ファッション雑誌の専属を務め、カリスマモデルとして人気を博していきます。

この時に興味のあった不動産投資時に手を出し始めますが、後のバブル崩壊により

所有していた不動産価値は下落。一気に数億円の借金を背負うこととなり、

20年掛けて完済する羽目となります。モデル活動のほかに俳優への道へも

挑戦していますが、濃い顔立ちとモデルという肩書からありきたりな役しか

もらえず、一時期はパチンコで生計を立てていた日もありました。

転機となったのは、NHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』で老中役を務め、

その演技が視聴者に好評であったことからその後の大河ドラマでも重要な役どころとして

起用されています。そして、再ブレイクのきっかけとなった女優の仲間由紀恵さんと

共演ドラマ『TRICK』や『HERO』など民放ドラマでも活躍をみせます。

関連記事はこちら⇒仲間由紀恵が妊娠で太った?旦那の名前や馴れ初め話が気になる!

TRICKでは、自身がモデル時代の写真をそのまま使用しネタにするなど

コメディかつダンディな俳優として親しまれています。

2012年には、上戸彩さんと共演した映画『テルマエ・ロマエ』で鍛え上げられた肉体美を披露し、

ギリシャ人顔負けの彫の深さと迫真の演技で第36回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞を受賞しました。

関連記事はこちら⇒上戸彩が妊娠中にドラマアイムホームに出演!出産後はGカップに!

私生活においては、アラフォーとなり独身貴族のイメージが付きまとっていましたが

2007年11月20日に友人の紹介で知り合った元OLの一般女性と結婚することが発表されます。

そして、翌年の2008年2月に結婚。2011年6月23日に第1子の女の子が生まれます。

その翌年の2012年11月1日は次女となる第2子も授かっています。

気になるお名前は非公表ということです。

スポンサーリンク

まとめ

10月18日から始まる10月クールのTBS系ドラマ日曜劇場『下町ロケット』

原作は直木賞作家である池井戸潤氏の小説なっており、宇宙開発の研究員として

プロジェクトに参加していた阿部さん演じる佃航平がロケット打ち上げに失敗し

責任を取らせれ退職を迫られ、父親が営んでいた町工場を継ぎながらも夢をあきらめきれず

奮闘するというストーリーになっています。阿部さんも目に涙を浮かべるシーンが多く

熱い演技に期待が持てる今作。楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ