眞鍋かをりと旦那の吉井和哉の馴れ初めは?子供の出産はいつ頃?

インテリタレントの真鍋かをりさんが2015年6月26日自身のブログで

元人気ロックバンド『THE YELLOW MONKEY吉井和哉さんとの結婚と

妊娠を発表していますが、気になる旦那さんとの馴れ初め話や、

子供の出産時期についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

眞鍋かをりさんのプロフィール経歴


名前:眞鍋かをり
生年月日:1980年5月31日
出身地:愛媛県西条市
身長:165cm
血液型:A型
職業:タレント
好物:納豆、お酒、チーズ
趣味:海外旅行


眞鍋かをりさんは、愛媛県西条市に長女として生まれ、下に弟と妹がいます。

愛媛県立西条高等学校を卒業後、横浜国立大学教育人間科学部へ進学し、

大学入学前にひとりで渋谷にある吉野家の牛丼を食べ終わり、ちょうど出たところで

スカウトされて芸能界入り。タレント活動をスタートさせ、

2000年には、東洋紡水着キャンペーンガールと日本テレビ主催の日テレジェニックに選出されます。

同年、日テレジェニックのメンバーとしてシドニーオリンピックのサポーターガールを務めることになります。

2001年は、ドラマ『TERRORS 闇夜~DARKNESS~』で初主演を果たし、

映画『ウォーターボーイズ』ではスクリーンデビューを飾り

順調に芸能界の階段を駆け上がっていきます。また、志賀高原観光大使にも任命され、

タレントとしての幅を広げていきます。

2003年3月に無事大学を卒業し、2004年6月30日に公式ブログ『眞鍋かをりのココだけの話』を開設。

自身をオイラと称し、独特の文才とセンスから人気を博し、初代ブログ女王の肩書を手にします。

その後も、テレビ東京のスポーツニュースキャスター、フジテレビ系『とくダネ!』、紅白歌合戦の審査員、

第20回メガネベストドレッサー賞、納豆クイーン、フードアナリストのイメージキャラクターなど

その持ち前の親しみやすい人柄と飾らないキャラクターでタレントとしての地位を確立していきます。

スポンサーリンク

眞鍋かをりさんと旦那の吉井和哉さんの馴れ初め話

眞鍋かをりさんと吉井和哉さんの出会いは、眞鍋かをりさんと

友人が食事しているところに吉井和哉さんが合流する形で知り合い、

それから眞鍋さんのほうから吉井さんへ積極的にアプローチしていったそうです。

眞鍋さんが中学生であった当時は、人気ロックバンド『THE YELLOW MONKEY』の全盛期であり、

そのメンバーであった吉井さんのファンでライブにも行っていたそうです。

そして、2012年の2月ごろから交際をスタートさせますが、約1年後に破局報道が流れます。

吉井さんには、前妻との間に娘3人と息子1人の子供がいます。関係者の間では、

ふたりの結婚への考え方に温度差があったのではないかとの見方を示しています。

しかし、その後互いの家を行き来する様子が報道され、どうやら関係は続いてたようです。


まとめ

眞鍋かをりさんが、結婚と妊娠を発表したのが、6月26日。

その際に妊娠5ヶ月であることも伝えられたため、

出産時期を逆算すると10月~11月ということになります。

元気なお子さんを産んで、またおめでたいニュースが

きけるのを待ちたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ