佐々木健介の直筆コメントが達筆!自宅や子供の年齢が気になる!

乳がんのため、9月の24日に右乳房の全摘出手術を受けた北斗晶さんですが、

術後に旦那佐々木健介さんがマスコミ宛てにファックス送ったコメントが

達筆だと話題になっています。

佐々木健介さんは、2014年2月に男子プロレスの現役を引退と同時期に

ブログを閉鎖していましたが、2015年10月1日より『北斗晶の旦那ちゃんです!』

のタイトルでブログを再開したことが話題となりました。

スポンサーリンク

佐々木健介さんのプロフィール経歴

名前:佐々木健介
ニックネーム:マッスルボルケーノ
生年月日:1966年8月4日
出身地:福岡県福岡市南区
身長:180
体重:115kg
旧所属事務所:ダイヤモンドリング
現所属事務所:健介オフィス
戦績:
■全日本プロレス
第36代三冠ヘビー級王座
第80代アジアタッグ王座

■新日本プロレス
第20, 26, 27, 36, 39代IWGPヘビー級王座
第13, 15,21, 23,30,32,37代IWGPタッグ王座

■プロレスリング・ノア
第13代GHCヘビー級王座
第18代GHCタッグ王座


佐々木健介さんは、福岡県の東福岡高校を卒業後、長州力に憧れ

1985年の6月にジャパンプロレスへ入門し、翌年1986年の2月にデビューを果たします。

元々、中学時代から柔道を習っており、その恵まれた体格とセンスですぐに頭角を現し始めます。

現役生活の中で、IWGPヘビー級王座と三冠ヘビー級王座、GHCヘビー級王座の

メジャー3大タイトルを併せて獲得し、史上初の快挙を成し遂げています。

そして、2014年の2月13日に現役引退を発表。たくさんの人に惜しまれながら28年間

のプロレス生活にピリオドを打ちました。

その後、自身で健介オフィスの事務所を立ち上げ、現在はタレントして活動を行っています。

スポンサーリンク

佐々木健介さんの直筆コメントが達筆!


佐々木健介さんは、北斗晶さんの乳がんの右乳房全摘手術後にマスコミ宛てに

ファックスで直筆のコメントを送られていますが、その直筆が達筆だと

話題になっています。

直筆コメント


謹啓、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は何かとお心にかけて下さいまして有難うございます。この度は妻北斗晶の突然の乳癌の報告に世間の皆様をはじめ、関係者の皆様、マスコミの皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしました事をお詫び致します。

午前中に始まった手術もお昼過ぎには無事に終了しました事をまずは皆様にご報告させて頂きます。現在は術後の痛みと、胸を全摘出したことで心の痛みが強く、少しでも痛みを忘れられる様、離れず側にいてやる事しか出来ませんが、家族4人で力を合わせて、癌に負けないように頑張っていきます。

長い闘病生活になりそうですが皆様の前に元気な姿で一日も早く立てます様、妻も頑張ってくれると信じています。皆様には変わらぬお力添えをお願い申し上げます。

謹白

二〇一五年九月二十四日 佐々木健介


確かに達筆ですね。

佐々木健介さんの子供の年齢は?

佐々木健介さんと北斗晶さんにはふたりの息子さんがいらっしゃいますが

北斗晶さんの手術の10日前に乳がんであることを告げだそうです。

告げる前に佐々木健介さんと長男の健之助君と次男の誠之助君の3人で

映画『余命1ヶ月の花嫁』のDVDを一緒に鑑賞してから母の病気のことに

ついて語ったそうです。

現在、長男の健之助君は思春期真っ只中の16歳で高校2年生、

次男の誠之助君は12歳で中学1年生です。

母親の突然の病の知らせには驚いたでしょうが、

説明が終わった後に健之助君からは、なにかあるとは思ってたよ。

と言われたそうで、知らず知らず不安にさせていたことに申し訳ない気持ちが

込みあげてきたことを健介さんは明かしています。

まとめ


9月24日には、無事出術は成功した北斗晶さん。

これから長い闘病生活が待っていると思いますが

24時間テレビで家族みんなで挑戦したマラソンのときのように、

支えあって頑張ってほしいと思います。

関連記事はこちら⇒乳がんが発覚した北斗晶の余命は?家族愛エピソードが話題!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ