歌舞伎俳優で不倫したのは誰?証拠は下半期の週刊文春で!

6月30日の昼の情報番組『ノンストップ!』の生放送で、ベッキーと川谷絵音さんの不倫をスクープした週刊文春記者が出演し裏話を披露しました。

そこで、下半期の不倫スクープとしてある歌舞伎俳優不倫証拠を掴んでいることを明らかにしました。

この歌舞伎俳優がなのか、非常に気になるところではありますが、1つ1つ調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

歌舞伎俳優で不倫したのは誰?

週刊文春の記者の話では、すでに証拠はつかんでいるといい、下半期中にはスクープしたいというコメントを発表しました。

芸能人というくくりではなく、歌舞伎俳優の誰かという非常に特定がしやすいカテゴリーで発表した週間文春の意図はなんだったのでしょうか。

現在、結婚している歌舞伎俳優に焦点をあてながら調べていきたいと思います。
スポンサーリンク

不倫は市川染五郎?


6月25日に都内で映画『シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉』の初日舞台あいさつを行った市川染五郎さん。

松本幸四郎の長男として生まれ、松たか子さんを妹にもつ市川染五郎さんは、歌舞伎役者界きってのイケメンです。

歌舞伎だけではなく、舞台やドラマにも精力的に参加している市川さんですが、過去2012年に舞踊劇に出演中、舞台の迫(せり)から奈落に転落し、右手首複雑骨折などの大けがを負うなどし一時休業を余儀なくされました。

その休業期間中に染五郎さんを支えたのが、高校からの同級生であり、2003年に結婚された園子夫人です。

お二人には子供もおり、長男の藤間齋(ふじま いつき)くん = 四代目松本金太郎と長女の藤間薫子(ふじま かおるこ)ちゃんがいます。

二人とも、すでに舞台デビューしており、将来の歌舞伎役者候補として挙げられています。

今年で、結婚13年目を迎えるおしどり夫婦名だけに、もし不倫している歌舞伎俳優が市川染五郎さんだったとしたら世間に与える驚きは大きいことでしょう。

不倫は市川猿之助?


2015年秋に、人気アニメ『ワンピース』が歌舞伎にリメイクされ、その主演を見事務めた市川猿之助さん。

自身もワンピースファンを公言している市川猿之助さんだけに、オファーにとても喜んでいました。

市川猿之助さんは、現在結婚はしていないので不倫という言葉があてはまらないため噂の不倫している歌舞伎俳優ではないでしょう。

少年漫画好きの市川猿之助さんに限って不倫は似合いませんね。

不倫は市川海老蔵?


今回、最も不倫の歌舞伎俳優であってほしくないのは、まさに市川海老蔵さんです。

6月9日の報道で、明らかになった妻の小林麻央さんの乳がん報道に心を痛めた視聴者もいることでしょう。

市川海老蔵さん自身も献身的に麻央さんを支え、ふたりの子供の面倒をみながら舞台にもたっている忙しい状況です。

そんな状況の中、不倫などできる状態ではないのはファンの方が一番わかっていることでしょう。

一視聴者としても、不倫している歌舞伎俳優が市川海老蔵さんではないことを祈ります。

関連記事はこちら⇒小林麻央の進行がん部位の病状や余命は?手術先の病院はどこ?

不倫は中村勘九郎?


歌舞伎界のプリンスと呼ばれている中村勘九郎さんは、女優の前田愛さんと2009年に結婚されています。

お二人の出会いは、2001年のNHKドラマ『光の帝国』です。

中村勘九郎さんの第一印象を、ちょっと変な人だなと感じた前田愛さんでしたが、舞台中に仲を深めていき、その後も8年間の交際期間を経て結婚されました。

二人のお子さんにも恵まれており、数年後には親子3人共演の可能性もあるため、かつて勘三郎が勘九郎、七之助と3人で舞台に立った「中村屋3人そろい踏み」の再現に期待の声が上がっています。

9月から始まる舞台『真田十勇士』も注目です。忙しい舞台準備の合間を縫って不倫していることは考えられないでしょう。

不倫は香川照之?


ドラマでも舞台でも役者としての知名度が高い香川照之さんですが、1995年に元日本航空国際線CAの智子夫人と結婚されています。

直前には、タンゴ歌手の冴木杏奈さんと交際していたため、二股だったのではないかと一時期バッシングを受けたこともあります。

2004年には長男の政明くんが誕生しており、幸せな家庭を築いてきました。

6月には「クリーピー 偽りの隣人」が全国のスクリーンで公開予定となっています。

上半期は撮影で忙しかったでしょうから不倫する余裕などなかったのではないかと予想されます。

まとめ

今回、紹介してたのは結婚している歌舞伎俳優であり所帯をもっている役者たちです。

不倫のスキャンダルが続く上半期でしたが、この中の誰かが下半期に不倫報道されるのは間違いないようです。

週刊文春の執拗までの取材力には驚かされますが、もっと世間を明るくさせるニュースも報道してほしいものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ