窪田正孝の関西弁は上手下手?ブログや出身高校のツイッター情報

1月18日に放送された『臨床犯罪学者 火村英生の推理』にも出演している若手俳優注目株の窪田正孝さん。

出演中のドラマで関西弁を披露していますが、上手下手でファンの意見は賛否両論となっているようです。

気になる窪田正孝さんのブログや出身高校について、ツイッターの情報を交えながらまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

窪田正孝さんのプロフィール経歴


名前:窪田正孝
生年月日:1988年8月6日
出身地:神奈川県
身長:175cm
血液型:B型
職業:俳優
所属事務所:スターダストプロモーション


窪田正孝さんは、神奈川県に男3人兄弟の末っ子として生まれました。

ふたりの兄の影響を受けて、少年時代は高身長を活かしバスケットボールやダンスに明け暮れ活発的な少年時代を過ごしました。

高校は、ガソリンスタンドで働きながら整備士をめざして地元の工業高校に通います。もともと芸能界に興味はなかったものの母親の勧めでオーディション雑誌内の『De☆View』に記載されていた現在の大手事務所スターダストプロモーションのオーディションに応募する運びとなります。

そして、見事同オーディションに合格し事務所に入所する運びとなった窪田さんは高校を卒業後の2006年の4月にフジテレビ系深夜ドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』で初の主演に抜擢されます。

そして、2012年にはNHK大河ドラマで『平清盛』にも出演し若手俳優として注目され始めます。

ブレイクのきっかけは、2014年の花子とアンではなを思い続ける青年の木場朝市を熱演したことで知名度が上がります。

演技中には、難しいとされる甲府弁も披露し標準語とのイントネーションに苦戦しながらも演じ切りました。

このブレイクをきっかけにドラマや映画出演のオファーが殺到し、2015年ブレイク俳優で年間首位を獲得しました。

文字通り当の本人は相当の忙しさに目が回っていたようですが持ち前の体力でスケジュールをこなしていきます。

スポンサーリンク

窪田正孝の関西弁は上手下手?

今回のドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』は、人気小説家有栖川有栖の代表作を実写化したものであり、斎藤工さん演じる犯罪学者の火村英生と窪田正孝さん演じる友人の推理作家有栖川有栖がタッグを組み、難事件を解決するというものです。

関連記事はこちら⇒綾瀬はるかと斎藤工がドラマ撮影で神戸の塩谷にいた!

この窪田さんの役どころの推理作家が関西弁のため、窪田さんはまたもや関西弁を習得するべく奮闘しているようですが演技中の窪田さんの関西弁にファンは注目しているようです。




普通にドラマで聞いていた分にはまったく違和感ない関西弁ですよね。やはり役者さん恐るべしです。

ツイッター上でも高評価のコメントしかありませんでした。

まとめ

2015年はドラマや映画に多数出演された窪田正孝さん。

役者としての探究心は若手俳優の中でも群を抜いていると出演した各映画監督から絶賛されています。

これからも若手のホープとしてスターダストプロモーションを引っ張っていくことでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ