田中みな実のカップのサイズは?激やせの理由が気になる!

先日、TBS系バラエティ番組バラエティ番組の『ジョブチューン女子アナSPフリーだから女子アナのヒミツぶっちゃけます!』に出演したフリーアナウンサーの田中みな実さん。

実は田中さん、胸のバストサイズが大きいことでも知られ推定のカップサイズが気になります。また、世界仰天ニュースに出演していた際に激やせがわだいとなりましたが、その理由についてなどこれまでの経歴やプロフィールを交えながらまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

田中みな実さんのプロフィール経歴


名前:田中・エイミー・みな実
出身地:埼玉県朝霞市
生年月日:1986年11月23日
身長:153cm
血液型:A型
職業:フリーアナウンサー
所属事務所:テイクオフ


田中みな実さんは、アメリカのニューヨーク市で生まれたことから父親がエイミーというミドルネームをつけ、正式な本名は田中・エイミー・みな実となっています。

出生直後に埼玉県朝霞市に戻りますが、父親の仕事の関係で小学1年生のころには、イギリスのロンドンやサンフランシスコなどを転々としながらグローバルな学生生活を送っています。

そのおかげで英会話は堪能になり、英検準1級の資格を取得するまでになります。

中学校に入学するころに、再度日本へ帰国し中学高校では6年間器械体操部に所属し部長を務めるなど、体操少女として活躍しています。

高校卒業後は、青山学院大学文学部英米文学科へと入学し、在学時はテニスサークルに所属。

同サークルのマドンナ的存在であった後のテレビ朝日所属のアナウンサーである、小川彩佳さんにあこがれて自身もアナウンサーの道を志すようになります。

また、キャンパスワークにも所属し、ファッション雑誌やポスターなどにも起用され、大学3年時のミス青山コンテストでは準ミスに選ばれています。

2009年に、青山学院大学を卒業と同時にTBSに入社し、同年4月の『アッコにおまかせ』で全国放送発お披露目を飾ります。

関連記事はこちら⇒和田アキ子の紅白2015は落選か!在日韓国が嫌いとされる理由?

同年10月には、『サンデージャポン』に出演し、情報ライブみな実屋という情報コーナーの企画でリポーターを担当し、そこでのブリッ子キャラが話題となり一気に知名度が上がります。

その後は、数々のバラエティ番組などに出演し2014年9月をもってTBSを退社しフリーアナウンサーとして活動する運びとなりました。

プライベートでは、2012年11月にお笑いコンビ『オリエンタルラジオ』の藤森慎吾さんと合鍵を使ってお互いのマンションを行き来する様子がスクープされ、交際が発覚しました。

関連記事はこちら⇒藤森慎吾の子供はモデルさゆりとの子?破局理由や原因が気になる!

おふたりは、田中さんがTBS局アナ時代に『サンデージャポン』MCを務めていたときに共演されており以降はオープンな交際を続けていましたが、結婚については田中さんの両親が猛反対していたためそれが原因で2015年10月ごろに破局したと伝えられています。

スポンサーリンク

田中みな実さんのカップのサイズはD?

気になる田中みな実さんのカップのサイズですが、実は田中さんブリッ子キャラに拍車をかけて巨乳だったこともありそれが嫌でさらしをまいて番組に出ていたこともあったとバラエティ番組でカミングアウトしたことがあります。

確かに身長153cmと小柄ではありますが、リポートの際に谷間ができたり、胸が強調されている場面が度々見受けられました。

推定サイズは、DかEカップと言われています。

激やせの理由が気になる!

田中みな実さんは、藤森慎吾さんとの破局が報じられた後、結婚を見据えた真剣交際だっただけにショックを受け一時は30kg台まで痩せたことが話題になりました。

世界仰天ニュースに出演した際には、激やせした田中みな実さんの姿が映し出され心配の声が上がっていたようです。

田中家はエリート一家?

田中みな実さんの父親は、メガバンクの役員を務める重鎮であることが噂されています。

姉妹についても3姉妹の次女であるみな実さんは、お姉さんがおり深イイ話に出演された際に姉のはる奈さんについても紹介しています。

姉のはる奈さんは東京大学出身で卒業後に証券会社のゴールドマンサックスへ入社したのち、現在は楽天に転職し、Koboという楽天が手がけるタブレット端末のブックス事業副事長を任されているエリートだそうです。

まとめ

持ち前の明るさとマイペースなブリッ子キャラで嫌いな女子アナランキング上位に常にランクインしているものの視聴者を楽しませてくれている田中みな実さん。

フリーアナウンサーとして今後ますます活躍されていくでしょうが、恋愛のほうも良い男性が見つかるといいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ