又吉直樹の火花のあらすじと感想が気になる!

2015年の出版本部数で年間1位を獲得したお笑い芸人で小説作家のピース又吉直樹さん。

気になる小説『火花』のあらすじと感想についてこれまでの経歴やプロフィールを交えながらまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

又吉直樹さんのプロフィール経歴


名前:又吉直樹
ニックネーム:マッピー
出身地:大阪府寝屋川市
生年月日:1980年6月2日
身長:164cm
血液型:B型
職業:お笑い芸人、作家
コンビ名:ピース
相方:綾部佑二
担当:ボケ
所属事務所:吉本クリエイティブ・エージェンシー


お笑い芸人ピースの又吉直樹さんは、大阪府寝屋川市に生まれ4歳と3歳年上の二人の姉の下に又吉さんが生まれます。

父親は沖縄県出身で母親は奄美群島出身で島人特有の比較的大らかな家庭のもとで育ちますが家が貧しかったことから家族で焼肉店に行った際にも子である又吉さんが遠慮してお肉2枚ほどでお腹一杯と子供ながらに気を使うような思いやりにあふれた家庭で育ちます。

幼少期より読書に慣れ親しみ、現在までに拝読した本は通算2000冊以上とし、これがのちに小説作家として作品を書くに至った経験となります。

一方で小学生のころからサッカーをはじめ、地元の中学を卒業後は関西のサッカー強豪校である北陽高校へと進学し、3年生時には副キャプテンを務めながら見事インターハイの切符を手にするなどまさに文武両道な学生生活を送っています。

ポジションは左利きであったことを活かし左のサイドハーフでウィングバックとして活躍しています。

高校卒業後は、お笑い芸人を目指し、東京の吉本お笑い養成所である東京NSCへと入学します。

地元関西のNSCを選ばなかった理由は、当時のサッカー部監督が吉本に顔が利く人物であったため、大学の推薦を断ってお笑いの道へ進んだことを知られるのを恐れた為としています。

上京後は一般で放送大学の教養学部へと進学し、並行して2003年まで『線香花火』のコンビ名で活動していましたが方向性の違いから解散してしまいます。

そして、東京NSC第5期生で同期であった現在の相方である綾部佑二さんと再度コンビを結成しピースとして再始動します。

芸人として活動する傍らで忙しい合間を縫いながら小説の執筆活動もしており、2015年に出版した花火では見事、小説家の登竜門である芥川賞を受賞しました。

お笑い芸人での受賞は史上初であり、受賞会見では1回目の15分程の通常会見とは別に異例の2回会見がひらかれ、マスコミからの要望で又吉さんのみの会見が2時間にわたって開かれました。

スポンサーリンク

火花のあらすじと感想は?

気になる又吉直樹さんの処女作『火花』のあらすじと感想ですが、この作品は自分がお笑い芸人になってから経験したお笑い界の舞台裏などを交えながら、若手お笑い芸人の徳永と4歳年上の先輩でもあり、師匠の神谷との物語を描いていきます。

一般の感想は表現がポップで読みやすかったという声や逆に純文学というには文体がありきたりであるという声もありました。

そして、一番多かったのはラストの展開が衝撃だったという声ですね。

ネタバレを含んでしまうので詳しくは書けないのですが、普通の作家さんでは書けないであろう又吉さんのセンスが発揮されている場面でもあります。

まとめ

オシャレ芸人としてファッション雑誌にも度々登場することもある又吉直樹さん。

芸人としてこれだけマルチに活躍できるのはその圧倒的なセンスと人柄あってのことだと思います。

来年2016年には、火花の実写化も決定しており今後ますます出版部数が伸びていくと思われます。

印税で一生食っていけるほどの大ヒットを記録した本作ですが、又吉さんはこれに奢ることなく2作目にも取り組んでいきますとの嬉しいコメントを発表しています。

サッカー少年が芸人になり、小説家としてデビューし芥川賞を受賞するなど前代未聞の出来事のように思えますが、又吉さんが自分の生き方を変えないスタンスで地道にやってき当然の結果だといえるのかもしれませんね。

これからの活躍、そして第2作目も多いに期待したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ