志村けん母親の葬儀参列者は誰か気になる!

11月23日に肺炎のため亡くなった志村けんの母親ですが、600人を超える葬儀参列者を迎え志村けんさんをはじめ、母親の和子さんの人望の厚さがうかがえることとなりました。

気になる葬儀参列者についてやこれまでのプロフィール経歴を交えながらまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

志村けんさんのプロフィール経歴


本名:志村康徳(しむら やすのり)
芸名:志村けん
生年月日:1950根2月20日
出身地:東京都東村山市
身長:166cm
体重:65kg
血液型:A型


志村けんさんは、東京都内の東村山市に小学校の教諭であった厳格な父親のもとに生まれ、厳しい躾教育を受け育てられます。

本名の康徳は父親が徳川家康を崇拝していたことから、命名されています。

幼いころから父親の影響で家庭内はいつも重苦しい雰囲気に包まれていましたが、当時のお笑い番組で漫才や落語が披露されているときは嫌な気持ちを忘れることができ、これがきっかけでお笑いの道を志すようになります。

父もその時だけは笑いをこられるように一緒に観覧していたそうです。

中学は地元の公立中学校へ進み、高校は都立に行くよう父からいわれており、創立したての久留米高等学校を受験し、見事1期生として合格します。

同校を受験したのは志村さんの中学内では10名ほどいましたが、合格したのは志村さんだけだったそうです。

高校時代にはサッカー部に所属し、ゴールキーパーのポジションで汗を流しました。

高校卒業を間近に控えた2月頃にザ・ドリフターズの付き人になりリーダーであったいかりや長介さんが無理やり東北巡業につき合わせたため、志村さんは出席日数が足りなくなり中退扱いになってしまったと後に語っていますが、無事に芸能界入りを果たします。

はじめのころは加藤茶さんの付き人を担当していましたが、1年あまりで一度無断で仕事を放棄します。

その後、バーテンダーなどのアルバイトをしながら生計を立てようと試みますが、うまくいかず泣く泣くいかりや長介さんのもとに謝りに2度も弟子入りするとはよくよく好きなんだろうと出戻りを認めてもらいその後は真面目に仕事に取り組みます。

『8時だョ!全員集合』が始まるころには正規メンバーとして迎えられ、以降志村けんの芸名でお笑い界をけん引する大スターの仲間入りをし、活躍します。

1996年ごろに突如、志村けんさん死亡説が流れたことがあり、度々ネタにしていますがこれについては、東北地方のしむらけんさんという同名の方がなくなったのを受けてマスコミ各社が勘違いし、噂が事実として飛躍したのではないかと後に語っています。

スポンサーリンク

志村けん母親の葬儀参列者は誰?

志村けんさんの母親の葬儀の参列者は600人を超え、志村けんさんと芸能界でも交流のある笑福亭鶴瓶さん、南野陽子さん、桑野信義さん、肥後克広さんなどが参列したようです。

志村けんさんは母親に孫の顔を見せてあげられなかったことは残念だとコメントしたもののこれからは特等席で見守ってくれると思いますと気丈に振る舞い、涙をみせることなく喪主としての役目を果たしました。

まとめ

現在は、還暦を過ぎ自身のブログでも体調不良を訴えることが少なくない志村けんさん。

天才!志村どうぶつ園や志村けんのバカ殿様などのレギュラー番組をこなす一方で舞台にも出演されています。

これからも身体にきをつけながら頑張ってほしいなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ